お客様の成功事例

レポート階層のカスタマイズによりDHLのワークフローを加速

クラウドソフトウェアにより流通企業のフルタイム稼働5週間分の労働力を削減

DHL Global Forwarding Irelandは、貨物流通をよりシンプルにする企業です。財務レポート作成もシンプルにできなかったのはなぜでしょうか。複数のコストセンターや支部のために60もの異なる予算をスプレッドシートで管理していました。このため、簡単な変更も困難で、計画費用と実績費用の比較に可視性を欠いていました。これらの課題は、Adaptive Insights認定のパートナーがAdaptive Insightsにカスタマイズされたレポート階層と科目のグラフを実装して以来、大きな転機を迎えました。DHL Global Forwarding Irelandは、レポート作成と労働力の効率を改善し、結果として信頼性のより高い予算と予測を実現してビジネスを推進しています。

Adaptive Insightsを実装したことで、労働者3人の間で3週間分の労働力を節約しました。これはフルタイム稼働の5週間分に相当します。来年はさらに速くなることでしょう。

Andrew May氏, DHL Ireland、CFO

課題

  • 20の異なるコストセンターおよび支部に対応する複雑な予算
  • 60超の個別の予算をExcelでリンク
  • 予算のクリーンアップに一週間超

結果

  • 財務チームの5週間分に相当する作業を節減
  • 予算の信頼性が向上
  • 計画に対する実績の差異を分析し、詳細にドリルインする機能が実現
23/5000 ケーススタディをダウンロードする

40年以上前にサンフランシスコで創立されたDHL Global Forwardingは、目覚ましい勢いで拡大を続けています。現在、DHLの国際ネットワークは世界220以上の国と地域をつないでいます。さらにDHLは、国際郵便サービスのみならず、特急便、空輸および海上貨物、陸上輸送、コントラクトロジスティクスにおいて比類なき専門知識を提供しています。DHLの親会社であるDeutsche Post DHLは、2009年に460億ユーロ超の収益を生み出しました。

ロケーション アイルランド、ダブリン

当社のソフトウェアの動作をご覧いただくため、当社の財務専門家によるカスタマイズされたデモをご予約ください。

概要

40年以上前にサンフランシスコで創立されたDHL Global Forwardingは、目覚ましい勢いで拡大を続けています。現在、DHLの国際ネットワークは世界220以上の国と地域をつないでいます。さらにDHLは、国際郵便サービスのみならず、特急便、空輸および海上貨物、陸上輸送、コントラクトロジスティクスにおいて比類なき専門知識を提供しています。DHLの親会社であるDeutsche Post DHLは、2009年に460億ユーロ超の収益を生み出しました。

課題

DHLのGlobal Forwarding Irelandの事業は複雑を極め、予算モデルには20箇所におよぶコストセンターや支部をすべて取り込もうとしていました。その結果、60を超える別々の予算をつないだリンク予算モデルとなっていました。そのモデルをExcelで管理するのは非常に困難でした。

「シートがどんどん大きくなるにつれて、Excelモデルに簡単な変更を加えるのも悪夢でしたよ」とDHLのCFO、Andrew May氏は当時を振り返ります。「不要な情報を除去する作業だけで一週間以上はかかりました。それでも計画と実績を比較するのは困難でした。」

ソリューション

DHLは、複雑なExcelベースの予算プロセスに代わるものを模索しました。その中で、ある社外コンサルタントにAdaptive Insightsを勧められました。最初のレビュー後に関心を引いたAdaptive Insightsの主要機能は、Excelのようなルック&フィール(操作画面の外観と操作性)や分かりやすくシンプルな操作性、そしてレポート作成機能でした。

「実績データを計画の中に取り込み比較できたり、月、四半期、年単位で確認できたりするのが気に入りました。さらに、指定した科目セットで階層の展開や折りたたみもできるのです」とMay氏。「アプリケーションのプロフェッショナルなルック&フィールは、アプリケーション全体の操作のしやすさも手伝って、Excelよりも使い勝手がいいと確信できました。そして、予算の最適化やレポート作成の改善につながると確信できました。」

成果

Adaptive Insightsを採用した後、DHLは、アイルランドのダブリンに拠点を置く実装コンサルティング パートナー、 Miagen氏と協業することにしました。Miagen氏は、数回の検討ミーティングを設けて主要要件と既存のビジネスプロセスを捉え、実装プロセスを構成しました。

フィードバックを収集してから、Miagen氏はAdaptive Insightsでレポート階層と科目のグラフを開発しました。Adaptive Insightsでフィードバックを収集してDHLモデルを実装するまでには、8週間もかかりませんでした。

「今では、昇給の前提条件も含め、人員データも含められるようになっています。さらに、当社のERPシステム内に一連のKPI、カスタム科目、給与計算、予算を開発し、当社の記録の中心拠点としています。Adaptive Insightsを実装したことで、労働者3人の間で3週間分の労働力を節約しました。これはフルタイム稼働の5週間分に相当します。来年はさらに速くなることでしょう。」

現在、DHLでは予算の信頼性を向上し、実績データを計画と比較することも可能にしています。予算に対する差異を分析したい場合、すべての詳細情報にアクセスでき、簡単にドリルインすることができます。

「主な利点は、時間が節約できること、信頼性の高い予算、そして最新の状態に保たれるローリング予測です」とMay氏は語ります。「Adaptive Insightsは使い勝手が良い堅固なツールです。ビジネスに価値をもたらし、多くの時間を節約して、予算プロセスをより簡単かつプロフェッショナルにしてくれます。」

DHLの次なるステップ 同社は、Adaptive Insightsの使用を組織内で新たに5〜8の関係機関に拡大することを予定しています。現在では、財務チーム外からの情報を収集し、説明責任能力や組織全体での連携力を高めています。