カスタマーサクセスストーリー

なぜ急ピッチで進むグローバル展開に対応する事業管理マネジメントが成功しているのか?

平均30%の急成長を支えるクラウドシステム

株式会社LIFULL様は現在、10年でグループ100社、100か国に進出し、100人の経営者を創出するビジョンを掲げています。最近年で不動産情報既存サービスの躍進、M&Aによる事業の拡大により、平均30%増の成長率で急成長を続けています。2016年11月から株式会社LIFULL様では Adaptive Business Planning Cloud の導入プロジェクトを開始しています。

オンプレミス型、クラウド型など様々な業績管理システムを比較しましたが、変化への柔軟な対応を最も期待できる環境はクラウドだと考え、選択いたしました。

天野 純一氏, 株式会社LIFULL グループ経営推進本部 連結開示グループ

課題

グローバル展開のビジョンに適する経営組織とシステム改革

活動成果

株式会社LIFULL様は、海外展開の進行の中で、単に効率化が可能なソリューションではなく、グローバル経営推進に適したソリューションの必要性を感じられていました。Adaptive Business Planning Cloud は他社海外製品のベンダーの中でも、株式会社LIFULL様の成長スピードに十分な速度で対応できる製品であると評価されました。特に、グローバル展開を進めるために習得に時間がかかる多機能サービスは不要と考えられ、 Adaptive Business Planning Cloud はスピード感を以て、株式会社LIFULL様のビジョンを推進できるサービスとして相応しいクラウドであるとして、採用されました。

株式会社LIFULL様は不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営している東証一部上場のインターネット企業です。ビジョンに適したグローバル展開を急ピッチで推進されているため、子会社や組織が大きく増えています。このため、本社管理業務の作業工数の増加、会社の成長スピードに対応できる新たな組織改革、システム改革に着手されました。

ロケーション 東京

変化の激しいビジネス環境に適したシステムとしてクラウド型を選択 株式会社LIFULL様は、10年でグループ100社、100か国に進出し、100人の経営者を創出するビジョンに適した経営組織や新たなシステムの改革が課題でした。具体的には、インターネット・マーケティング事業を営む企業の買収、グローバルプラットフォームの構築を目的としたスペインのインターネット企業買収等のM&Aの事業拡大を実行されており、特に、業績管理おいての改革が急務となっていました。 その中で、オンプレミス型、クラウド型などの様々な業績管理システムを検討されていましたが、急激な変化に柔軟な対応が最も期待できるシステムはクラウド型だと判断されました。特に、オンプレミスは、大きな初期投資が必要で、さらにそれを5年かけて回収するというコストモデルを求められるため、事業や組織が常に変化する可能性がある株式会社LIFULL様には適していないと考えられました。 グローバル展開のスピード感を評価。業務拡大の主軸として活躍 Adaptive Business Planning Cloudは、他社海外製品と比較して、株式会社LIFULL様のグローバル展開に適したソリューションとして評価されました。 (①選ばれた理由が分かる様に機能紹介を入れる https://www.yosankanri.jp/introduction/) 特に、他社海外製品は多機能性を強調されることが多かったのに対して、スピード感をもって、株式会社LIFULL様のグローバル展開ビジョンに対応できるソリューションとして考えられ採用されました。 また、株式会社LIFULL様は、予実管理の高速化、マネジメント意思決定の早期化、業績見直しの精度向上などにおいて、 Adaptive Business Planning Cloud をさらに活用される展望を持たれています。そのために、現時点で、 Adaptive Business Planning Cloud の運用検討チームを発足させ、KPIの新設や運用方法の高度化の検討を行われ、業績拡大を強力に推進するプラットフォーム構築に尽力されています。