カスタマーサクセスストーリー

予実管理工数が75%減。管理会計BIツールとして分析、資料作成に活躍!

データ集計リスクを大幅削減。分析・レポート・数値共有が簡単に実現。

キューアンドエー株式会社様は、デジタル製品の使用で起こるトラブル解決のサポートサービスを提供されている企業です。売上、お客様数の急拡大によって、各事業体の予算や実績における緻密な計算の集計に問題をもっていらっしゃいました。特に、Excelによる計算集計や管理会計の工数増が喫緊の課題となっていました。

エクセルを使っていたころはデータのバックアップに数時間かかることも珍しくなく、月2回のオペレーションを行っていましたが、Adaptive Business Planning Cloud を用いると元からの機能を使って一瞬でバックアップが作成できるためほぼゼロの工数で毎週バックアップ、比較できるようになりました。

松浦 茂樹氏, キューアンドエー株式会社様 経営管理本部 経営企画部

課題

エクセルによるデータ管理工数削減とヒューマンエラーへの対処

活動成果

キューアンドエー株式会社様は、売上とお客様数の急増加によって、データ集計のための時間増に問題をお持ちでした。特に、エクセルによるデータ破損、財務会計データと管理会計データの連動のための工数増が課題となっていました。Adaptive Business Planning Cloud はこれらエクセル利用に含まれるオペレーションリスクを排除し、管理工数の大幅削減に成功しました。特に、他社製品と比べ、価格と納期の面でキューアンドエー株式会社様のご希望に沿うことができ、機能においても可能な限りの要望にお応えすることにも成功しました。

キューアンドエー株式会社様は、ICTデジタル製品(パソコン、プリンター、情報家電など)に関連して生じる故障などのトラブルや、接続、操作にかかわる疑問などを解決するICTデジタルサポートサービスを提供しています。個人・法人のお客様にかかわらず、あらゆる顧客のニーズをワンストップで行われており、キューアンドエー株式会社様独自の「ワンストップソリューション」として提供されています。

ロケーション 場所:東京

データ管理工数75%減に成功。データ集計からデータ分析へ キューアンドエー株式会社様は、売上、お客様数の急拡大によって、エクセルによる管理会計の工数増が問題となっていました。特に、エクセルの ”リンク” 機能を用いて数十にわたるブック、200を超えるシートから数字を参照させていましたが、あるときデータ量がエクセルの処理能力を超えたことによってファイル破損が起きたこともありました。また、財務会計上の科目とも連動させていたために、会計システム上で勘定科目の変更が起きた場合は管理会計のフォームをすべて書き換えることになり、修正を行うセル数が膨大なため担当者3名が一週間ほどの作業にかかりきりになることも起こりました。 Adaptive Business Planning Cloud 導入後は、これらの管理工数が減少したため、データ分析にこれまでより多くの時間を充てられるようになりました。 (④実際の導入イメージをしてもらうために:黄色:導入までの流れを入れる https://www.yosankanri.jp/flow/) また、データインポートの際に起こるヒューマンエラーも劇的に減少し、全体として管理工数75%減にも成功しました。 予実管理だけではなく、BIツールとしての活用に展望 特に、Adaptive Business Planning Cloud は、データバックアップ工数、データインポート工数の大幅削減を達成しました。データバックアップに関しては、Adaptive Business Planning Cloud の機能を使って一瞬でバックアップできるようになったため、ほぼゼロの工数で毎週バックアップ、データ比較ができるようになりました。また、会計システムで実績データが作成された場合、そのデータを管理会計のエクセルシートにインポートする作業で半日ほどの工数がかかっていましたが、Adaptive Business Planning Cloud を用いると、数分の操作で全ての部署に月次実績データを反映できるようになりました。 (③最新の業務最適化方法をお伝えしたい:セミナー詳細ページを入れる https://www.yosankanri.jp/event/event001/) このような通常の予算実績管理に関わる作業に対して、Adaptive Business Planning Cloud は有効性を発揮しています。このため、キューアンドエー株式会社様は、予実管理システムとしてだけではなく、ビジュアライズ化された対外資料の作成、システム内配賦計算などのBIツールとしての側面の活用に展望を持たれています。