カスタマーサクセスストーリー

銀行業界初の取組みで生産性を上げ、お客様への付加価値を上げる

新しいツールを利用することで、 今後の生産性改善、業務高度化を ”自分たちで推進できる基盤 ”を作り上げることに成功

新生銀行様はお客さまの真のニーズに基づき既存の枠を超えた新しいビジネスを創出するために、革新的な金融サービスを提供する金融イノベーターになることを目標としています。これらの目標を達成するため、『グループ融合』という新しい組織改革に着手しました。新生銀行様は、グループ各社に Adaptive社のBusiness Planning Cloudを展開し、業績予測の精度をあげ、グループ企業全体の生産性向上のミッションに向かうことを可能にしました。

Adaptiveを使うことで、個別のビジネスごとに設定した予算ドライバーの結果を最終的な 予算策定フォームに連動するよう、”自分達で”段階的に構築していける点が採用した一番の決め手です。また、その運用をしていく基盤となる使い易さや製品成熟度が他製品と比べ良かったことも要因です。

吉田 智紀 氏, 新生銀行 グループ経営企画部 セクションヘッド兼経営企画部 上席業務推進役

課題

グループ企業個社単位での資源配分、商品・サービスの提供をグループ全体に融合

活動成果

新生銀行様が掲げる「新たに創出されるサービスとグループ顧客基盤を生かしたグループシナジーの発揮」という理念に Adative Business Planning Cloud の機能が決め手になり採用となりました。

株式会社新生銀行様は東証一部の金融機関です。 銀行業界初となるATM引出手数料の無料化など、お客様への価値あるサービスの創出を追及し続けており、中期経営計画では「グループ融合により革新的金融サービスを提供する金融イノベーターであること」などをビジョンに掲げています。それらのビジョン達成に向け、グループ各社の間接機能を集約した「グループ本社」というバーチャル(仮想)組織を銀行業界初の取り組みとして設置し、お客さまの真のニーズに基づく価値創造を行っています。

ロケーション 東京

グループ全体でお客さまの真のニーズに対応できるシステムを構築 新生銀行様では、個社単位での経営資源の配分と商品・サービスの提供がお客さまの真のニーズ対応にとって、最適ではないことが課題でした。そこで、グループ連携のため、ユニークな『グループ融合』という組織改革に着手することになりました。そのためには、環境に応じた柔軟なビジネス運営とリーンなオペレーションを可能にする管理システムが必要でした。 Adaptive Business Planning Cloud は、組織改革における『事業の選択と集中』において、業務やプロセスの改善を急ピッチで行う上で、もっとも最適なシステムだとして採用されました。特に、新生銀行様の管理会計において、要件が変わり易く変化が激しい環境下では、自社の設備で運用するオンプレミス製品では対応できないとの判断があり、その過程で、Adaptive Business Planning Cloud が選ばれました。 新生銀行グループ経営企画部セクションヘッド兼経営企画部上席業務推進役吉田智紀氏は、その中で『クループ融合』によるシナジーの追求を行っています。Adaptive Business Planning Cloud を利用することにより予算管理、予測を効率化し、予算・実績差異要因の早期特定や複数シナリオでの予算策定による業績予測の精度向上などに対する展望を持っています。 自社でフィードバックを行える、独自のシステム構築に成功 新生銀行様が Adaptive Business Planning Cloud を採用した決め手になったのは、自分たちで自社の企業環境に合わせて ”自分たちで初期からシステム構築することができる” ということがありました。一般的にITベンダーの方々がシステム構築を行った場合、完成したものと思っていたものが違うという可能性があります。しかし、自分たちで初期からシステムを構築した場合、何ができてできないかなどの機能の精度を早い段階で気づくことができます。 新生銀行様が Adaptive Business Planning Cloud を導入する際、プロジェクトチームの情報システム部署出身者の方々が多くいらっしゃったということも、このプロジェクトが成功した要因になっています。新生銀行様が管理会計のツールを過去に自社で作ったご経験があり、自分たちで一からシステムを構築すること自体に抵抗感がなかったことも、成功に繋がっています。https://www.yosankanri.jp/flow/